NPO法人 米蔵の会 富山県魚津市の米騒動を研究

→魚津米騒動の物語「浜に立つ女たち」を立ち読みできます。

短編小説 『浜に立つ女たち』

書籍のお問い合わせは、NPO法人米蔵の会(森のゆめ市民大学 内:0765-31-7002)まで。

米蔵修繕終了についての記事が北日本新聞に掲載されました

0
    米蔵の修繕が完了したことを紹介する記事が平成22年3月28日付けの北日本新聞に掲載されました。





    <記事の内容>

     魚津市本町に大正時代の米騒動時代のまま建つ旧十二銀行(北陸銀行)米蔵の修繕工事が終了した。週明けにも最後の看板取り付け作業が行われ、業者から所有者の魚津水産に引き渡される。崩壊の危険性があった石積みを組み直し屋根をふき替えた米蔵は、黒色の板張りで覆われ、往時の姿を取り戻した。(新川支社次長編集部長 水野敏雄)

     大正7(1918)年に発生した米騒動は、旧十二銀行米蔵から汽船へのコメの積み出しを漁師の妻たちが阻止しようとしたことがきっかけとされる。米蔵は高さ6.5mの木造かわらぶき平屋建て、広さ445屬如■靴弔良屋に仕切られている。
     同市教育委員会が3年前、県建築士会魚津支部から「南側壁面の外壁が崩れる可能性があり、屋根とともに早急な対策が必要」という報告を受け、歴史的遺産として保全を提案。同社が市のみなとまちづくり事業の助成(3千万円)を受け修繕した。
     修繕は昨年11月に始まり、南側壁面は約750個の凝灰岩の石積みをいったん外し、傷んでいた石を交換して組み直した。屋根瓦も破損していたものを補充してふき替えた。
     修繕前、壁面は石積みの上からモルタルが塗られていたが、後年に塗られた可能性が高い。米騒動当時、米蔵がどんな状態だったかを示す資料がないため、県内の古い蔵を参考に周囲を黒い板張りにした。同市教委は「今回は保全が基本。あとで資料が出てきても板張りならば、すぐ手直しができる」と話している。
     NPO法人・米蔵の会(慶野達二理事長)は米蔵の修繕完了を記念し、4月4日午後2時から大町公民館で米騒動フォーラムを開く。米騒動のニュースは高岡新報(北日本新聞の前身の1つ)の情報提供をきっかけに全国紙に広まった。毎日新聞大阪本社の相原洋学芸部長が講演するほか、同市教委の修繕についての報告や現地見学会もある。事前申し込みは不要。参加費千円。


    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    最近の記事

    カテゴリー

    過去の記事

    コメント

    • 6.米騒動をもっと詳しくしりたい人のために
      KADOGUTI MUNEHIRO
    • 4.富山県における米騒動の歴史
      越の国

    リンク

    プロフィール

    ブログ内検索

    others

    携帯はこちらから

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM