NPO法人 米蔵の会 富山県魚津市の米騒動を研究

→魚津米騒動の物語「浜に立つ女たち」を立ち読みできます。

短編小説 『浜に立つ女たち』

書籍のお問い合わせは、NPO法人米蔵の会(森のゆめ市民大学 内:0765-31-7002)まで。

5.米騒動がもたらしたもの

0
     大正7年の米騒動は1道3府32県に及び、取締りに軍隊が出動し、多数の労働者や農民が死亡・負傷した。さらに、検挙者も、25,000人以上にのぼり、大きな犠牲を出したが薩長閥で陸軍出身の寺内内閣にとっても、世論に抗することはできず、内閣総辞職においこまれるほどの打撃を被った。
     米騒動の広がりに対して政府は直接的な取り締まりと新聞報道の禁止で対応した。政府の新聞報道禁止措置の前に、富山県当局は全国にさきがけ、県外にも米騒動記事を流していた高岡新報の8月7日付け夕刊を発禁処分とし、8月12日には北陸タイムスに記事の抹消を命じている。しかしマスコミは一層反発を強め、富山県内の各紙をはじめ、全国紙は倒閣運動の論陣をはり、初の平民で政党内閣である原内閣を誕生させる原動力となった。
     米騒動による内閣の打倒は、国内においては、民本主義思想の拡大と大正デモクラシーと呼ばれる護憲運動をもりあげ、労働争議の頻発や普通選挙を推進し、国外においては、日本の圧政下にあった朝鮮半島の「三・一運動」、中国大陸の「五・四運動」にも影響を与えたといわれている。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    最近の記事

    カテゴリー

    過去の記事

    コメント

    • 6.米騒動をもっと詳しくしりたい人のために
      KADOGUTI MUNEHIRO
    • 4.富山県における米騒動の歴史
      越の国

    リンク

    プロフィール

    ブログ内検索

    others

    携帯はこちらから

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM