NPO法人 米蔵の会 富山県魚津市の米騒動を研究

→魚津米騒動の物語「浜に立つ女たち」を立ち読みできます。

短編小説 『浜に立つ女たち』

書籍のお問い合わせは、NPO法人米蔵の会(森のゆめ市民大学 内:0765-31-7002)まで。

第14回 フォーラム米騒動のお知らせ

0
    第14回/フォーラム米騒動
     
    1918(大正7)年の7月23日に、魚津で起こった米よこせ運動は、米騒動として全国に広まりました。
    今回は歴史の証人、米蔵を近代歴史遺産として建築の立場から学びましょう。

    演題 「米蔵と魚津のまちづくり」

    講師 上野 幸夫氏 富山国際職藝学院教授


    1957年宮城県生まれ。高岡市の国宝瑞龍寺修復・復元工事を監修するため文化庁から派遣され修復を完成。その後富山に定住し、学校法人職藝学院の教授を務め、文化財復元の建築技術を教える。


    日 時:平成21年7月20日(海の日) 13:30〜

    会 場:大町公民館ホール(魚津市大町 0765‐24‐4470)

    会 費:1000円
      賛助会員募集中

    主 催:特定非営利活動法人(NPO)米蔵の会

    お問合せ先:森のゆめ市民大学 0765‐31‐7002(http://web.komesoudou.main.jp)

    賛助会員募集

    0
      §賛助会員を募集しています§

      米蔵の会では賛助会員を募集しています。
       魚津市大町は、日本の米騒動(大正7年)の発祥の地です。
       当時の唯一の生き証人「米蔵」が今も残されています。
       その近くの大町公民館で、2007年4月に米騒動を知る会が生まれ、月1回、米騒動についての講演を聴く活動を続けてきました。
       平成20年9月には、米騒動発祥90周年という節目を機会に、「NPO法人米蔵の会」の認証を受けました。
       当面はより多くの人に米騒動のことを知ってもらい、老朽化した米蔵の保存とその利活用に向けて、みなさまと共に考え、行動していきたいと思います。
       是非ご理解ご賛同いただけますようお願い申し上げます。


       ○賛助会員について  
        ・年会費:5,000円
        ・年間開催の各種講演会などのご案内
        ・活動の記録・資料などの提供
        ・活動への参画


       ※詳細についてのお問い合わせ先
          森のゆめ市民大学 未来塾内  特定非営利活動法人 米蔵の会
          〒937-0013 富山県魚津市天神野新147-1
          電話:0765-31-7002 FAX:0765-31-7005

          

      第5回例会のお知らせ

      0
        〜フォーラム米騒動〜
        平成20年度第5回例会(通算13回目)

        <テーマ>
        米騒動と横山源之助ーパート
        「源之助が描いた漁師生活」


        前回、源之助の残した資料から当時の貧しかった生活を知りました。
        今回、さらに興味深いお話を伺えることを楽しみに。。。。

          ○講 師:八木光昭氏
               ・日本近代文学者
               ・前洗足学園魚津短大教授
               ・聖徳大学教授

          ○日 時:12月21日(日)午後4時より

          ○会 場:大町公民館 (0765-24-4470)

          ○会 費:1,000円


        主催:NPO 米蔵の会 (森の夢市民大学:31-7002)

        「浜に立つ女たち」をパソコンで立ち読み

        0
          「浜に立つ女たち」の冒頭部を
          パソコン画面で読むことができるようになりました。


          こちらをクリックしてください。
           「浜に立つ女たち」冒頭部 閲覧ページ



          書籍のお問い合わせは、NPO法人 米蔵の会 まで。
          短編小説 『浜に立つ女たち』

          フォーラム米騒動(平成20年度第4回理事会)

          0
            平成20年9月11日付けで特定非営利法人(NPO)「米蔵の会」が正式に認証されました。
            記念して、講演会を行います。

            今後はより理解を広めるために活動を進めて行きたいと思います。


            フォーラム 米騒動

            平成20年度 第4回例会 (通算12回目)

            「源之助が描いた漁師の生活」


             生前の源之助には前期米騒動に関する作品が2つある。
            それは予知的であり、魚津の米騒動に繋がって行く・・・


            next講師
             八木光昭 氏
              ・日本近代文学者
              ・前洗足学園魚津短大教授
              ・聖徳大学教授

            next日時
             9月27日(土)午後2時より

            next会場
             大町公民館 0765-24-4470

            続きを読む >>


            カレンダー

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << July 2017 >>

            最近の記事

            カテゴリー

            過去の記事

            コメント

            • 6.米騒動をもっと詳しくしりたい人のために
              KADOGUTI MUNEHIRO
            • 4.富山県における米騒動の歴史
              越の国

            リンク

            プロフィール

            ブログ内検索

            others

            携帯はこちらから

            qrcode
            無料ブログ作成サービス JUGEM